チョークアートとは?

 チョークアートとは、1990年にオーストラリア人女性アーティスト「モニーク・キャノン」が初めて考案した近代アートです。チョークアートMCA協会(モニーク・チョークアート協会)を立ち上げた創始者でもあり、現在もオーストラリア(ゴールドコースト)にて、現役で活躍されています。

グラフィックデザイナーでもあるモニーク・キャノンによるチョークアートカリキュラムは、全ての絵の基礎となる立体図形から始まります。初心者でも絵の理屈がわかり、誰でも描けるように組まれているのが特徴です。

 

近年、カフェのカラフルなメニューボードとして登場し、独特な色使いと存在感で注目を集め、現在ではメニューボードをはじめ、看板、インテリアやネームプレート、ウェルカムウエディングボードなど様々な所で見かけるようになりました。

クレパスに似た特殊なオイルの混ざったパステルを使い、ブラックボードに色を重ねて指でぼかしながら濃淡をつけ、立体感を出していきます。

子供から大人まで、幅広い年齢層の方から喜ばれています☆

触っても消えないように最終段階で加工を施していますので、室内であれば、いつまでも飾っていただけます。

 

オーストラリアのカフェには、モニークの手掛けたチョークアートがたくさん飾られているよ♪

モニークが手掛けたマックカフェでのチョークアート
モニークが手掛けたマックカフェでのチョークアート